東京でおすすめの外壁塗装業者を口コミなどから比較、ランキング形式で紹介

外壁塗装の職人さんにお茶出しは不要?

公開日:2023/07/01  


自宅の外壁は時間が経ってくると、色褪せたり欠陥が生じたりなど機能性が低下してくるものです。そのため、外壁塗装などのメンテナンスが定期的に必要です。そのときに、外壁塗装を依頼するために、職人さんに自宅に来てもらい、長時間作業をお願いすることになります。ここで、職人さんにお茶出しはするべきなのでしょうか、詳しく解説します。

外壁塗装でお茶出しが不要な理由とは

結論から述べると、職人さんへのお茶出しは不要です。かつて昔は、お茶出しが礼儀のひとつとして認識されていたという声もありますが、近年では強制されるようなことではありません。その理由について説明します。

契約に含まれていない

そもそもお茶出しというのは、外壁塗装などの仕事の契約に含まれていないため、依頼元の義務ではありません。外壁塗装などの会社によっては、お茶や祝儀などの金銭の受取を拒否している場合もあります。あくまで、外壁塗装などの仕事の一環で自宅へ赴いているため、仕事に直接関連しないことについては、過度に気を遣う必要はないでしょう。

職人には仕事のスケジュールがあるため

お茶出しの際に、時間をしっかり決めて職人さんを呼び出し、休憩を促す家庭があります。しかし、職人さん達にはその日の仕事のスケジュールが決められており、自分たちのタイミングで作業時間や休憩時間を決めています。依頼元の家庭の厚意で職人さんの手を止めさせると、本来の仕事にも支障が出る可能性があるため、職人さんたちのペースを尊重することが望ましいでしょう。

関係性が変化している

かつて昔の外壁塗装などの仕事は、知り合いや知人からの紹介を通じて依頼していたという話があります。そのため、赤の他人ではない職人さんに、感謝の気持ちを込めてお茶菓子をふるまっていました。

しかし、近年では外壁塗装などの仕事はインターネットで探して依頼する場合が多く、知り合いのつてに頼ることなく作業に来ることがほとんどです。そのため、過度に気を遣う間柄ではないため、お茶菓子などをふるまう必要性もなくなります。

お茶出しの有無で仕事の品質は変わるのか

それでは、お茶菓子を出したかどうかで仕事の品質は変わるのでしょうか。それは、仕事の品質には関わりは一切ありません。その理由として、職人の報酬というものは当然ながら仕事の成果によって決まっています。その日の仕事の内容はあらかじめ決められており、職人たちはスケジュール通りの質や工数で作業を終えることに尽力しているため、お茶菓子に関係なく作業を行うと考えられます。

どうしてもお茶出しをしたいときは?

それでも、感謝の気持ちとしてどうしてもお茶菓子を出したい場合は、どのようにすればよいのでしょうか。いくつかの例を見てみましょう。

時間を決めずに自由に取ってもらう

最も無難な事例として、クーラーボックスなどに飲み物を入れて外に置いておくことが挙げられます。こうすることで、職人さんの好きな時間に飲み物を手に取ることができ、必要以上に気を遣うことがなくなります。複数の飲み物を出しておけば、好みの飲み物を取ってもらえるため、最もトラブルにならない事例といえるでしょう。

蓋ができるペットボトルなどが望ましい

お茶などの飲み物を出す際は、蓋ができるペットボトルなどの形状が望ましいでしょう。飲み物を出した時に、開封か未開封かの違いもわかりやすく、1日を通して飲んでもらえるため、利便性が高く職人さんも気兼ねなく飲むことができるはずです。

まとめ

本記事では、外壁塗装の職人さんにお茶出しをするべきかどうかについて解説しました。お茶出しは、依頼元である家庭の義務ではなく、出さなくても全く問題にはなりません。職人さんも、自らの仕事のスケジュールを決めているため、自由に作業をさせてあげることは、依頼元の家庭ができる1番の気遣いといえるでしょう。