東京でおすすめの外壁塗装業者を口コミなどから比較、ランキング形式で紹介

外壁塗装の仕上がりに納得できない!やり直してもらうことは可能?

公開日:2022/10/01  


外壁工事のあとに不満なとき、もう一度やり直すことは出来るのでしょうか。工事後にもう一度依頼したいと思っても、不満を言って良いのか悩む方もいるかと思います。そんなお悩みの方へ向けて、今回はどのようなときに再塗装が出来るのか、また、そのポイントをご紹介します。悩んでいる方は必見です。

外壁塗装のやり直しは可能なのか?

そもそも、塗装自体、再度塗装が出来るのかわからないことがあるかと思います。結論から言うと、業者に落ち度があるときは、基本的に再度塗装を行なうことができます。

無料でやり直してくれる所もありますが、足場を解体した後は、足場が無いと出来ない部分のやり直しは、価格が、別途掛かる場合があります。また、問題の内容やタイミングによっては、残念ながら別途費用がかかることもあります。

外壁塗装をやり直してもらえる場合

実際、どういうときにやり直しが出来るのでしょうか。1つひとつご紹介します。

塗っていないところがある

塗るべきはずの所が塗っておらず、明らかな塗り残しは、実施可能です。ただ、外壁の近くに、動かせないものがあり塗装が出来なかったり、塗り残しではなく、何らかの理由で塗装ができなかったりと、塗り直しが不可のときがあります。

塗りにムラがある

塗っていないところやムラがあり、箇所によって厚みが明らかに異なるときは、再度の塗装をしてもらえます。塗りムラについて重要なのは、人の手で行なわれるものなので、ほんの少し塗り、ムラがでることは仕方ありません。 そのため、外壁を見る角度によって、ムラがあるように見えるときのムラは、対応が難しい可能性が高いです。

希望の色と異なる色になっている

黒と言ったのに茶色で塗られていたり、希望とは異なるカラーで塗られていたりするときは、やり直しが出来ます。イメージしたカラーでは無い事は、結構起こるものです。塗装前には業者と確認作業をして、工事がスタートするようにしましょう。

外壁塗装をやり直してもらえない場合

では、やり直し不可のときはどういったときでしょうか。

感覚的な話のとき

希望していた仕上がりと違うというような、感覚的な事でのやり直しは不可になります。 もちろん、選んだ物と、実際に塗られている物が違うなど、塗装業者側に明らかに落ち度がある場合は、やり直しが出来ますが、感覚的であるイメージと異なるという理由で、再度実施してもらうのは、困難ですね。

外壁塗装のやり直しを検討しているときのポイント

やり直して欲しいと検討されている方へ、いくつかポイントをご紹介します。

塗装業者への相談

やり直してもらえるのか、どうなのか判断がつかないということもあるかもしれません。万一、判断が出来ないときは、業者に連絡してみるのがオススメです。相談をするタイミングは、工事が終わった後ではなく、不満を感じたときにするのが良いです。また、塗装後でも足場があるうちに、必ず相談して下さいね。

保証書をチェック

とくに塗膜の膨れ・剥がれなどの不具合のやり直しを依頼する場合は、業者へ連絡を入れる前に保証書を確認して下さい。不具合が保証の対象であれば、スムーズに対応を出来るはずです。

まとめ

外壁塗装の仕上がりに、納得出来ないときのことについてご紹介しました。理由次第では、無償で対応可能ですので、思った段階ですぐに相談しましょう。また、もうちょっと濃いのをイメージしていたが、希望していたものではなく、不満に思うことが無いよう、始めからしっかり担当者と、すり合わせを行なうことが必要です。依頼する方も一度で終わるようにして欲しいですよね。両者ともに良い関係があるうえでのことなので、コミュニケーションを取りましょう。