東京でおすすめの外壁塗装業者を口コミなどから比較、ランキング形式で紹介

外壁塗装の必要性とは?塗り替え時期の目安とは?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/11/11

外壁塗装を必要とする声は少なくありませんが、なぜ外壁塗装が必要とされているのか、よくわからない人もいます。なぜしなければならないのか、必要性を理解し、必要な時期に塗装することで家の見た目を美しくすることができるようになるでしょう。

どうして外壁を塗装しなければならないのか

せっかく手に入れたマイホームだからこそ、家を長持ちさせたいと思うのは当然のことですが、どうやって長持ちさせたらいいのでしょうか。

その方法としてあげられている中で最も多いものが、家の外壁を定期的に塗装しておくことだといわれています。家の外壁を定期的に塗装することが、なぜ家を長持ちさせるのかよくわからないという人は多いですが、実は重要な意味があります。

家の外壁塗装には家の内部に余分な湿気や雨風、花粉やウイルスなどを入れない効果が期待できるとされているからです。特に防水性が高い塗料を使用していることが多いため、防水性に関しては高い効果が期待できるとして、建材や住む人を守れるといいます。

家の中に湿気や雨風が入ることによって建材が痛み、シロアリが発生したり建材が腐食する可能性は高いです。安全に家を守るために必要な外壁の塗装を定期的におこなうことで、家の腐敗や建材の安全性、さらに外見の美しさをもキープできます。

定期的に塗りなおす理由としては、塗料は素材によって長持ちする期間が異なるためです。定期的に塗りなおすことで、家の外壁部分から建材や住む人の安全性を保障できるようになるといわれています。

どれくらい塗料は長持ちするのか

外壁を塗装する塗料は、素材によってどれくらい長持ちするのかが異なるため、塗料の寿命を知って塗ることが必要です。最短の場合には3年から5年前後、最長で30年以上となっているため、どれくらいの期間で塗り替えたらいいのかを知ってください。

最も低価格で塗ることができるアクリル系塗料の場合には、1平方メートル当たり1500円前後と最も手軽な価格で塗り替えられます。しかし、耐用年数は3年から5年前後とされているため、耐久性に不安があるのも特徴のひとつといえるでしょう。

ウレタン系塗料の場合、寿命は10年前後で汚れや色あせに強い特性を持ちながら費用はかからず、平均的に2千円前後です。ただし耐久性や汚れ、色あせにも強くて寿命が15年程と長持ちするシリコン系塗料にシェアを奪われつつあります。

シリコン系塗料の場合、1平方メートル当たり3千円を超えるため、予算の範囲内で塗る人も少なくありません。それ以外にも15年前後持つ光触媒の塗料や、20年ほど持つといわれるフッ素系塗料などもあるため、相談してから塗りましょう。

どんな塗料を選べば家の耐久性を高めるか

耐久性から考えた場合、耐用年数や耐久性に優れている塗料を選んで塗ったほうが家を長持ちさせる効果が期待できるでしょう。

また、機能性の高い塗料を選んだほうが家の建材などを傷めにくくするため、家の耐久性を高める効果が期待できます。例として紫外線を防ぐ効果が期待できるとされる遮熱系塗料であれば、紫外線によるダメージを回避できます。

紫外線による日差しのダメージを和らげて建材を守るだけではなく、さらに家の中に熱さが入り込むことを防ぐ効果も期待できるでしょう。結果として過ごしやすい家になるといわれており、住みやすい家になる効果が期待できるといわれています。

まれに虫除けとなる塗料を塗ることで、家に虫が寄り付かない効果が期待できるところも少なくないため、事前に確認してから利用しましょう。

 

外壁塗装をおこなうことによって、家の中に雨風が入ってくることを避けて、建材や住んでいる人の健康などを守ることができます。家を長持ちさせるためには、定期的に外壁の塗装を塗りなおし、安全性について考えることが必要となるでしょう。

塗料の耐久性に沿って塗りなおすことが、家の安全性を高めるポイントといわれているため、10年ごとに確認してください。耐久性の高い塗料を塗ってあれば問題ありませんが、10年から20年程度で塗りなおすことで、耐用年数にあった塗料の塗り替えが可能です。




記事一覧