東京でおすすめの外壁塗装業者を口コミなどから比較、ランキング形式で紹介

外壁塗装を一面だけやるメリットはある?

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/09/11

人に貸したり販売する場合、外壁を塗装することは、取引上とても大きなメリットがあります。

そして例えば東京などの都心部の場合は、家一軒で相場が50万円ぐらいからですが、集合住宅で全面分しか見えていない一軒家の場合は、一面だけ塗装するという手段もあります。

家の外壁を塗装する際は一面だけおこなうことも意外と多い

周りが植物で覆われているタイプの家や、土地の形状によっては、側面はあまり気にしない人もいますし、一面だけだと全面塗るより費用がかなり少なくて済みます。

特に隣の家とつながっているタイプの家や、隙間の幅の狭い一軒家は特に、一面だけ塗る手法をとることが多いです。リノベーション投資などで不動産を運営する人にとって、費用の節約はとても価値あることですから、賢く節約していくと素晴らしいですね。

一軒だけなら費用を気にする必要も少ないかもしれませんが、投資物件の場合はかなり数の物件を所有する人も少なくありませんので、しっかりと費用の面でも、後あとまで計算して運用していく必要があります。

物件の数が増えると、総合すると結構な費用になってしまう場合も多いので、できれば日ごろから、相性の合う塗装業者を探しておくことも重要な仕事の一部となってくる可能性が高いです。外壁塗装は内部のリフォームに比べると、自分で施術できる場合が少ないので、特に安くて便利なところを探すことが重要です。

特に投資物件は改造にかかる費用の節約も重要ポイント

飲食店の経営などで、外壁のイメージや清潔感がとても重要な物件の場合は、塗りなおす回数が普通の住宅よりも増える可能性か高くなるため、ある程度変色しても美しいままのカラーを選び、全体を塗装した後に、似たような色で目に留まる前の部分だけ塗りなおしてイメージを保つ、という手法もあります。

勿論、後ろまで綺麗に塗りなおすほうが良いという人もいますが、何度も塗りなおすことを考えると、一面だけのほうが良いという人も多いです。どちらが正しくて、どちらが間違っているということではありませんが、費用の面からだと一面だけ塗るほうが結局は安上がりということになります。

外観が美しいと意外と住む人も気持ちよく生活できる

建物の外観のイメージを一面だけでも塗りなおして美しく保つメリットは、やはり住む人や訪れる人の心理的な面でも影響を与えやすい点にあります。清潔感があり美しい建物の色や形状は、心理的にも健康に保つ効果が期待できますし、暖色を使用すると、飲食店など食事に関するビジネスの場合は、食欲を刺激する傾向もあり、ビジネス面でとても有利になる可能性もあります。

 

外壁を全部塗り替えるのではなく、一面だけを塗るという手法がありますが、リノベーション投資の際の費用的な節約に活躍するという一面と、住む人びとの心を健康に保つ、という効果が期待できる、という優れた一面がありとても重宝されています。

特に建物の外観はビジネス上とても重要な場合も多く、外観が美しいだけで売り上げや集客に影響を及ぼすこともあります。全体の塗装だと一軒で50万円ぐらいからですが、自分で塗装する際も、全面塗装よりも一面だけだと特に手軽に済ますことが可能ですし、安全性や足場の建設など危険を伴う作業の面でも、全面塗装よりも随分と危険度も少なくなります。

やはり急に慌てて探すのではなく、日ごろからしっかりと施術をしてくれる業者を探しておくということは、不動産の投資をおこなう人にとって本当に大切なことと言えます。




記事一覧