東京でおすすめの外壁塗装業者を口コミなどから比較、ランキング形式で紹介

「外壁塗装はまだするな」といわれる理由とは?早まらず検討するポイント

公開日:2024/05/01  最終更新日:2024/04/05

?

外壁塗装は建物の美観や耐久性を保つために重要ですが、「外壁塗装はまだするな」という声もあるのです。この記事では、その理由や外壁塗装を検討する際に押さえるべきポイントについて解説します。信頼できる業者の選定や適切なタイミング、塗料の種類など、検討すべき重要な要素を詳しく解説しましょう。

「外壁塗装はまだするな」といわれる理由

「外壁塗装はまだするな」というアドバイスを受けることがありますが、その背景にはさまざまな理由があります。

ここでは、「外壁塗装はまだするな」といわれる理由について考えてみましょう。

外壁の劣化状況を確認しよう

外壁塗装を行うべきかどうかを判断する際に重要なのは、外壁の劣化状況です。

外壁に劣化が見られない場合や劣化が軽度な場合は、まだ塗り直す必要がないかもしれません。定期的な点検や専門家の診断を受けることで、適切な判断ができます。

季節や天候に配慮しよう

外壁塗装をする際には、季節や天候も重要な要素です。

特定の季節や天候条件で塗装を行うことで、塗膜の乾燥や密着性が向上し、耐久性が高まります。塗装をするタイミングを選ぶことで、よりよい仕上がりを期待できるでしょう。

経済的な観点も考慮しよう

外壁塗装は高額な費用がかかるため、経済的な観点も考慮する必要があります。

劣化が軽度であり、まだ塗り直す必要がない場合には、無駄な費用をかけることを避けることが重要です。適切なタイミングでメンテナンスを行うことで、経済的な負担を軽減できます。

外壁塗装を行う適切なタイミング

外壁塗装は、家の美観や耐久性を保つために欠かせないメンテナンス作業です。

適切なタイミングで行うことは、建物の健康と美しさを保つうえで重要です。

一般的な目安

一般的な外壁塗装の目安は約10年ですが、この期間は建物の状態や環境によって異なります。

外壁にチョーキング現象(塗膜の劣化による粉じんの付着)が見られる場合や日陰部分でのコケや藻の繁殖が進んでいる場合は、塗り替えを検討すべき時期です。

春や秋がおすすめ

外壁塗装を行う適切な時期は、主に春や秋が推奨されます。

これは、雨が少なく気温が安定しているため、塗料が効果的に乾燥しやすい時期だからです。一般的に、気温が5℃以上で湿度85%未満が理想的な条件とされています。

適切な時期の選択の注意点

外壁塗装を行う際には、建物の状態や家族の生活スケジュールも考慮に入れる必要があります。

また、専門業者との相談も大切でしょう。塗装工事中は窓が開けられないなどの制約が生じますので、生活に与える影響も考慮して決定することが重要です。

外壁塗装を行う際に検討すべきポイント

外壁塗装を行う際には、さまざまなポイントを検討する必要があります。

適切な業者選びや塗料の選定など、重要な要素を押さえることで、長期間にわたって美しい外観を維持することができるのです。

適切な業者選び

外壁塗装を行う際には、信頼できる業者を選ぶことが重要です。

業者の実績や口コミ、保証内容などを確認し、安心して任せられる業者を選びましょう。

塗料の選定

外壁塗装に使用する塗料は、耐久性や美観を左右する重要な要素です。

アクリル塗料やシリコン塗料など、各種の塗料の特性を理解し、建物の条件に合った適切な塗料を選びましょう。

施工方法の確認

外壁塗装の施工方法も重要なポイントのひとつです。

適切な下地処理や塗装技術によって、塗膜の密着性や耐久性が向上します。業者の施工方法や工程を理解し、適切な施工を行うことが必要です。

費用の見積もり

外壁塗装の費用は、塗装面積や使用する塗料によって異なります。

複数の業者から見積もりを取り、適正な価格設定かどうかを比較しましょう。安価な見積もりには注意が必要です。

アフターサポートの充実

外壁塗装後のアフターサポートも重要なポイントです。

施工後の定期的な点検や保証内容を確認し、万が一のトラブルにも迅速に対応してくれる業者を選びましょう。

まとめ

「外壁塗装はまだするな」といわれる理由は、適切なタイミングや検討すべきポイントがあるからです。早まらずに適切なタイミングを見極め、信頼できる業者選びや適切な塗料選定、施工方法の確認など、外壁塗装を行う際にはさまざまな要素を考慮しましょう。長期間にわたって美しい外観を維持するために、しっかりと検討を重ね、慎重に行動することが大切です。