東京でおすすめの外壁塗装業者を口コミなどから比較、ランキング形式で紹介

何度も外壁塗装をしたくない!一番長持ちする外壁塗料はどれ?

公開日:2024/03/01  最終更新日:2024/04/05

?

外壁塗装は頻繁なメンテナンスが必要な作業ですが、もっとも耐久性の高い塗料を選ぶことでその頻度を減らすことが可能です。本記事では、異なる外壁塗料の種類とその耐久性について詳しく解説します。また、一番長持ちする塗料を見つけるためのポイントもお教えするので、ぜひ参考にしてください。

外壁塗料の種類

外壁塗料の種類には、さまざまな特徴や適用性があります。

建物の外観や耐久性を考慮しながら、適切な塗料を選ぶことが重要です。こちらでは、一般的な外壁塗料の特徴と適用性について見ていきましょう。

アクリル塗料

軽くて光沢感があり、発色がよい特徴をもつアクリル塗料は、価格が手頃でDIYにも向いていますが、耐久性は5〜8年程度と比較的短いです。

シリコン塗料

多くの業者が使用し、コストパフォーマンスが高いシリコン塗料は、耐用年数が10年以上と長く、幅広い用途に適しています。

ウレタン塗料

柔らかく、ひび割れに追随する性質をもつウレタン塗料は、ひび割れが生じやすい場所に適していますが、汚れが付きやすい欠点もあります。

フッ素塗料

豊富なカラーバリエーションと高耐久性をもつフッ素塗料は、長期間の使用や高い耐久性を求める場合に適していますが、価格が高めです。

無機塗料

高耐久性を誇る無機塗料は、汚れに強く、耐用年数が20年以上と非常に長いため、長期間の美観を維持したい場合に適しています。

もっとも耐久性のある外壁塗料はどれ?

外壁を長期間美しく保つためには、適切な塗料を選ぶことが重要です。

さまざまな塗料がありますが、その中でもっとも耐久性のあるものは何でしょうか?こちらでは、耐久性に優れた外壁塗料の種類と特徴について紹介します。

もっとも耐久性が高いフッ素塗料

フッ素塗料は、外壁を長期間保護するために設計された塗料の中でももっとも耐久性が高いとされています。

耐用年数は15年から20年におよび、一度の塗装で数十年にわたって外壁を守るのです。価格はほかの塗料に比べやや高めですが、その性能は信頼できます。

優れた耐久性とコストパフォーマンスのシリコン塗料

シリコン塗料も耐久性に優れた塗料のひとつです。

耐用年数は10年から15年であり、比較的手頃な価格で提供されています。耐候性に優れており、多くの環境条件に対応するのです。そのため、多くの建物で使用されています。

新しいが期待される性能のラジカル塗料

比較的新しい塗料であるラジカル塗料は、耐久性を向上させるために特別に設計されたものです。

耐用年数は12年から15年であり、ほかの一般的な塗料よりも長く持続します。まだ市場での利用が限られているため、その性能の詳細は今後の研究と実績に期待されているのです。

一番長持ちする外壁塗料の選び方

外壁塗装は建物を保護するために不可欠ですが、一度塗装したらできるだけ長持ちさせたいものです。

そのためには、適切な外壁塗料を選ぶことが重要。以下ではその選び方について詳しく解説します。

耐久性を重視する

外壁塗料を選ぶ際に最も重要なのは耐久性です。

耐用年数が長いほど、外壁の保護効果が持続します。フッ素塗料やシリコン塗料など、耐久性に優れた塗料を選ぶことがポイントです。

適切な素材とタイプを選ぶ

外壁塗料の種類やタイプによって耐久性が異なります。

建物の素材や環境に適した塗料を選ぶことが重要です。たとえば、木材や金属などの素材にはそれぞれ適した塗料がありますので、適切な素材とタイプを選びましょう。

コストとのバランスを考える

耐久性が高い塗料ほど価格も高くなります。

適切な塗料を選ぶ際には、耐久性とコストのバランスを考えることが重要です。予算に応じて最適な塗料を選びましょう。

プロの助言を得る

外壁塗料を選ぶ際には、専門家やプロの意見を参考にすることもおすすめです。

外壁塗装業者や塗料専門家に相談し、建物の状態や環境に適した塗料を選びましょう。

まとめ

外壁塗料の種類や耐久性を考慮し、一度の施工で長期間保護できる外壁塗料を選ぶことが重要です。耐久性が高く、何度も塗り替えを行わずに済むフッ素塗料やシリコン塗料などを選ぶ際には、建物の素材や環境条件、プロの助言を活用して適切な選択を行いましょう。これにより、外壁塗装の頻度を減らし、建物を長期間美しく保つことが可能となります。