東京でおすすめの外壁塗装業者を口コミなどから比較、ランキング形式で紹介

自分で外壁塗装をするメリットとデメリット


建物の外壁は劣化すると塗装面が剥がれて見栄えが悪くなり、建材も傷んでしまいます。
外壁塗装は専門業者に任せると高額な費用を請求されることもあるので、支出を抑えるために自分で塗り直しを行う選択肢があります。
自分で外壁塗装を行うメリットとデメリットを確認しましょう。

 

外壁が傷むことで起きる不具合の詳細

建物の外壁は日光や風雨などの刺激に晒されていることから劣化しやすく、塗装面が剥がれてしまうことがあります。
塗装が剥げた外壁は見栄えが悪く、不潔なイメージを与えてしまいます。
また、建材が露出することで損傷が急速に進み、耐久性が著しく低下する原因にもなってしまいます。

建物への塗装は見栄えを良くするだけではなく塗料による皮膜で建材を保護する効果もあります。
そのため、塗装が剥がれてしまうと皮膜による保護効果が無くなり、建材の劣化に繋がってしまいます。

また、塗装が剥がれた部分から汚水や埃が侵入し、壁全体が腐食する危険も生じます。
塗装面が剥がれ落ちると大きなトラブルに繋がるリスクも増大するため、安全を確保するためには速やかな塗り直しが不可欠です。

 

外壁塗装に要する問題と自分で塗り直すメリット

建物の外壁塗装は塗りムラの無い、綺麗な仕上がりにする必要があります。
また、高所での作業も多いことから安全に仕上げるために専門業者へ依頼するのが一般的な対処法です。
業者による塗装作業は綺麗な仕上がりになる利点がある一方で費用が高額になりやすい欠点もあります。

また、依頼者のイメージと異なる仕上がりになってしまうケースもあることから、信頼出来る業者を探す必要があります。
塗装業者の比較は多くの情報を集めて多角的な見地から判断することになるので、塗装の知識を持たない人には難しい作業です。
また、同じ業者でも建物の構造や使用する塗料の性質で仕上がりの良し悪しが変わることもあります。
そのため、満足出来る結果を得るためには自分で壁の塗り直しを行う方法があります。

外壁の塗り直しを業者任せにしない選択肢はイメージ通りの結果に繋がりやすいのが大きなメリットです。
プロの手による塗り直し作業は塗りムラなどの欠点が無い、高品質な仕上がりになるメリットがある反面、効率性を重視するために配色の面で妥協することが多くなります。
日曜大工などの素人作業では効率性を重視する必要が無く、塗料の選択や費用に関しても独自の工夫が実施出来るので個性を演出出来る、他には無い仕上がりにすることが可能です。
また、特定の部分だけ厚く塗るなどの特殊な手間をかけることが出来るのも業者任せでは不可能なポイントになります。

 

安全で高品質な塗り直しにするための注意点

素人作業による塗り直しは支出を低く抑えたり独自の配色に出来るなどの利点がある一方で欠点も存在します。
中でも塗装作業の品質保持は素人では難しく、壁の構造によっては塗りムラが目立ってしまうことがあるので注意が必要です。

また、高所での作業は特に安全面に配慮する必要がある他、場合によっては作業用の足場を組み立てることになります。
足場の組み立ては専門技術が必要になる他、資材の調達も難しいことから却って支出が増えてしまう可能性があるので事前に必ず計算を行うことを心がけます。

また、使用する塗料の成分の特性も正しく理解し、綺麗な仕上がりになるように希釈の割合や塗装用の道具選びも慎重に行うことが大切です。
防水シートや臭気を抑える薬剤など、近隣への配慮も忘れずに行うのが社会生活上のマナーなので、建物の塗り直しを独自の方法で行う際は予め挨拶を済ませておくことを心がけます。

建物の外壁は年数が経過すると必ず傷みが生じることから定期的な塗り直しが求められます。
綺麗な状態を保ち、建材の傷みを防ぐためには均一な厚さで塗装を行えるように腕を磨くことが大切です。

 

建物の外壁を綺麗に塗るためには塗料の品質や建物の構造を把握することが大切です。
また、素人作業では効率よりも安全を重視する他、予め近隣へのあいさつを済ませるなどの社会的なマナーを守る姿勢が重要視されます。