東京でおすすめの外壁塗装業者を口コミなどから比較、ランキング形式で紹介

外壁塗装はどれくらいの間隔・頻度で行うべきか

外壁塗装はどれくらいの間隔・頻度で行うべきか

家を建てたり購入した場合、必ずやってくる問題は外壁塗装です。
雨風や強い日差しを浴び続けることで外壁はどんどん脆くなってしまいます。
外壁は脆くなるとひび割れをしてしまいます。
ひび割れてしまった外壁を放置すると雨漏りをしてしまい、家の寿命そのものを縮めてしまう事になります。
家の寿命を延ばすには、ひび割れなど外壁の劣化を放置せず、メンテナンスをする必要があります。
メンテナンスの内容としては、ひび割れた外壁を塗りなおしということをします。
では、その外壁塗装はどれくらいの頻度で行うのでしょうか?

 

外壁塗装の頻度とは?

〇なぜ外壁塗装をしなくてはいけないのでしょうか?
外壁は私たちを守る役割をしています。
外壁が私たちを雨風から守り、夏の暑い日や寒い日も快適に過ごすことが出来るのです。
この外壁には必ず外壁塗装というものが施されていますが、永遠に効果が続くわけではありません。
毎日紫外線を浴び続けたり、冷たい外気に晒されてしまうとどうしても劣化してしまいます。
最初は小さな亀裂程度ですが、ずっと直さないまま放置してしまいますと亀裂はどんどん悪化してしまい、内部に水が侵入してしまいます。
すると木やコンクリートが傷んでしまい、家そのものの寿命を縮めてしまう結果になってしまうのです。

〇家の寿命を延ばすためにも
外壁塗装の塗り替えがおすすめです。
外壁塗装を塗り替えることで、寿命を延ばすだけではなく家の見栄えまでよくなります。

〇最近では環境にやさしい断熱塗装があるのはご存知でしょうか?
断熱塗装を使用していない外壁は、真夏の日差しで80℃にまで上昇します。
外壁が80℃にまで上昇すると内部の温度も高温になります。
エアコンを使用してもなかなか内部温度は下がらず、エアコンの設定温度も低くしてずっと長い間稼働をしなくてはいけないため、二酸化炭素が大量に排出されてしまうので地球温暖化対策としては非常によくありません。
しかし、断熱塗料を使用することで、外壁温度を60℃にまで抑えられます。
断熱塗料を塗っている場合と無い場合では20℃も違います。
断熱塗料を使用することでエアコンの効きが良くなり、設定温度を極端に下げなくても効果があります。

〇では、外壁塗装はどれくらいの頻度で行えばいいのでしょうか?
外壁塗料や業者、環境にもよりますが基本的には7年から10年と言われています。
多くの人は10年を目途に塗りなおしをします。
外壁塗装は業者によっても対応が違います。
新築から8年たった場合、業者選びをし始める時期になります。

 

業者選びは余裕をもって探しましょう

〇業者選びは早め、且つ慎重に
余裕をもって行う必要があります。
業者によっては悪質な業者も存在し、施工内容も技術も悪く終了後に高額な金額を請求されることがあります。
亀裂が拡大してから慌てて依頼をするよりも新築8年目を過ぎたころには施工業者をゆっくりと探すようにしましょう。

②外壁は私たちが安心して暮らしていく上では欠かすことが出来ません。
亀裂が広がってしまうと木材やコンクリートが傷むほか、基礎や土壌にまで影響してしまいます。
基礎や土壌にまで影響してしまった場合、地震や台風などの自然災害で倒壊してしまう恐れが出てきます。
人間のように放置して直るものではなく、放置すればするほど外壁は壊れていきます。
痛みが激しくなるにつれ外壁修理にかかる費用も必然的に高くなってしまいます。
傷が浅ければ浅いほど、金額もさほど掛からず施工期間も雨が降らなければ短時間で終了します。

家を建ててから8年ほど経過してしまった、最近外壁が傷んでいる所が見つかった場合、早めに業者へ依頼しましょう。