東京でおすすめの外壁塗装業者を口コミなどから比較、ランキング形式で紹介

外壁塗装、最適な塗り替えの時期とは?

大切な住宅の寿命を延ばすためには、定期的に外壁の塗料を塗り替える必要があり、住宅の形状や構造、日照時間、降水量などによって、最適な外壁の塗料が違います。

そして定期的に塗り替えをすることで、家の断熱性や耐震性、耐久性を高めることが出来ます。

では、最適な塗り替え時期とはいつなのでしょうか。

 

8年から10年を超えたら塗装をしましょう

注文住宅の外壁は、家の外観を美しく保ったり、風雨や強い太陽光線から守る働きをしています。

使用している塗料の種類によっても、多少の違いがありますが、8年から10年ぐらいを経過すると、少しずつ老朽化してきます。

黒カビや藻などの外壁の汚れが目立ってきたり、ひび割れがあったり、指でこすると白い粉が付く場合は、そろそろ塗り替えをしたほうが良いでしょう。

外壁の塗料が劣化してくると、住宅の内部に水が入ってしまい、大切な内部構造に悪影響が出てきます。

東京の専門業者は、時間を掛けて現地調査を行い、住宅の形状や気候、日照時間などに応じた外壁の塗料を提案してくれます。

海の近くで生活をしていると、塩害の影響を受けるため、お値段が高めでも耐久性があり、防水性や断熱性を高める効果のある商品がおすすめです。

 

費用を抑えた外壁の塗装工事が可能です

注文住宅の外壁が老朽化してくると、家の外観がみすぼらしくなるだけでなく、家の断熱性や耐震性なども下がる原因になります。

東京の専門業者は外壁の劣化が進んでいる場合は、塗装工事を提案してくれます。

専門業者のスタッフは、住宅の周囲に足場を設置して、高圧洗浄機などを使って外壁の汚れを取り除き、丁寧な下地処理を行っています。

近隣住民に迷惑を掛けないように、丁寧に挨拶回りをしたり、騒音や振動を抑えた塗装工事を実施しています。

外壁塗装工事は住宅のリフォームの中では、決して安いわけではありませんが、東京の専門業者は広告宣伝費などのコストを抑えているため、費用を抑えた施工が可能になっています。

専門業者のスタッフは、比較的降水量の少ない時期を選んで、塗装工事を実施しています。

塗装工事は住宅の外側のリフォームなので、家に住み続けることが出来ます。

 

東京の専門業者は地元でも評価が高いです

住宅の外壁は塗装が剥げてくると、大切な住宅の寿命を縮める原因になってしまうため、劣化に気付いたら、早めに東京の専門業者に相談をすることが大事です。

早い段階で劣化に気付いたら、費用を抑えた施工も可能です。

比較的降水量が少なかったり、塩害などがない地域であれば、費用を抑えた塗装工事も可能です。

東京の専門業者は地元でも評価が高いため、高い技術を持った職人が在籍をしており、色ムラなどがなくきれいな塗装を心掛けています。

使用する塗料によっても耐久性は違ってきますが、8年から10年を過ぎると、定期的に塗り替えをすることで、大切な住宅を長持ちさせることが出来ます。

東京の専門業者は相談は無料になっており、費用の面でも相談がしやすいのが特徴です。

住宅の広さや家の構造によっても多少は費用が違ってきますが、きちんと見積もりを表示してくれるので安心できます。

 

住宅の外壁は太陽光線や風雨などの影響を受けやすく、少しずつ塗膜が剥げてくるため、8年から10年を過ぎると塗装工事が必要になります。

東京の専門業者は、住んでいる地域の気候や降水量、日照時間、方角などに応じた、最適な外壁の塗料を提案してくれます。

塩害などがある地域では、多少はお値段が高めでも、耐久性のある塗料を使用することで、きれいな状態が長持ちします。

地元で評判の高い専門業者を選ぶと、広告宣伝費などのコストを抑えているため、費用を抑えた施工が可能です。

外壁塗装業者ランキング!
生活協同組合コープランド東京
Quartet(カルテット)
有限会社ジーワーク
新東亜工業
プロタイムズ総研