東京でおすすめの外壁塗装業者を口コミなどから比較、ランキング形式で紹介

外壁塗装の塗料の特徴は?

東京で外壁塗装する場合には、それぞれの塗料の特徴を理解しておくとよいでしょう。

初めで外壁塗装する場合や、塗料について詳しく知らない人はそれぞれの違いをしておくことで、より自分たちにぴったりのものを選ぶことができます。

 

シリコン系の特徴とはどのようなものか

外壁塗装の塗料の中で、比較的全国的に人気があるものの一つがシリコン系になります。シリコン系の特徴は、なんといってもコストパフォーマンスが高いことといえるでしょう。

比較的安い金額で、耐用年数が長いことからコストパフォーマンスがよいと言われています。1平方メートル当たり2500円程度で仕上げることが可能なだけでなく、耐用年数は12年から15年ほどとなっており、ほどよい期間塗り替えをせずに済む点がうれしいところでしょう。

ちょうど良い価格なため、日本人が好みたがる傾向にあるのも、人気の一つと言えます。日本人は、心理的に高いもの安いものをあまり使いたがりません。

よくわからなければ、とりあえず標準的な金額のものを選びたがります。実は、標準的な金額の塗料がシリコン系塗料と言えるでしょう。これに加えて、多くの業者が取り扱っているため業者選びに苦労しません。

たいていの業者はシリコン系を利用していることからどの業者に頼んでもシリコン系の塗装してくれるでしょう。

 

ウレタン系の特徴は値段が安いこと

外壁塗装する場合には、ウレタン系塗料を使うことも多いです。ウレタン系とは、素材が非常に柔らかいのがポイントになります。

素材が柔らかいメリットは、比較的どのような外壁にも塗ることができる点です。例えば、サイディングなどには当然塗ることができるとしても、金属などにも塗ることができます。そのため、非常に幅広い範囲で使うことができるため、耐用年数はシリコン系よりは短くなるものの人気があるのもうなずけるはずです。

ウレタン系の場合には、耐用年数は10年から12年程度になりますが、その分料金が安いのがポイントになります。1平方メートル当たり1700円程度で塗ることができるのが大きなポイントです。

シリコン系が発売される前は、ウレタン系が一番人気でした。幅広く利用されているため、どこの業者でもウレタン系を利用することができます。

 

新しく発売されたラジカルの実力とは?

最近は、外壁塗装の塗料も新しいものが投入されており、その一つがラジカル系と呼ばれるものです。ラジカルとは、外壁などを劣化させるエネルギーのことを意味していますが、ラジカル系はこれを防ぐためのものと考えておけばよいでしょう。

例えば、よく塗料などを塗って10年ぐらい経過するとチョーキングと呼ばれる現象が起こりがちです。チョーキングとは、外壁を指でなぞると白い粉のようなものが付きます。

チョークの粉に似ていることからチョーキングと呼ばれているわけです。チョーキングが起こっていると言うことは、防水機能が劣化していることを意味します。

ラジカルを利用することで、このチョーキングを限りなく減らすことが可能になります。ラジカル系の特徴は、耐用年数がシリコン系よりも長い割には料金があまりかからないことでしょう。

およそ15年から18年程度の耐用年数を持っており、それでいながらシリコン系塗料とあまり金額が変わらず1平方メートル当たり3000円もしないのが特徴です。気軽に使うことができるだけでなく、コストパフォーマンスも高いことから、多くの人に受け入れられているのが現状になります。

ただ、欠点があるとすればあまり利用例が少ないことです。2015年に発売されたものですので、前例が少なく実際に言われている通りの効果が出るかどうかは時間が経過してみないとわからないところではあります。

 

外壁塗装する場合には、塗料の種類が重要になりますが一般的に多く使われているのはコストパフォーマンスの優れているシリコン系です。シリコン系が生まれる前はウレタン系と呼ばれるものが流行していました。

最近は、2015年に発売されたラジカル系が人気を誇っています。この塗料は、耐用年数が15年から18年程度と非常に長く、それでいながら料金が安いため利用者数が増えてきている傾向があり、まさしく人気の商品といえるでしょう。

記事一覧