東京でおすすめの外壁塗装業者を口コミなどから比較、ランキング形式で紹介

外壁塗装の見積り時の注意点

外壁塗装の見積り時の注意点

新築で購入した住居も10年程でメンテナンスリフォームの時期を迎えます。

建物にとってもっとも大切な外観、外装の塗り替えに関しては塗装業者やリフォーム会社に依頼することになります。

多くの塗装業者やリフォーム会社がある中から、1社に限定して外壁塗装を依頼するのは難しい選択です。
施工の前に明確な見積り書を作成してもらい、詳細の条件を共有する必要があります。

施工後のトラブルを防ぐために、外壁塗装の見積り時の注意点についてご案内します。

 

ご自分のライフプランに沿った塗装計画を!

もっとも大切なことはご自分のライフプランに沿ったリフォームプランをじっくりと練ることです。
人生最大の買い物である家とも、いつかは別れなければなりません。
子や孫に代々継いでいくのか、ほどほどの年齢に達した頃に売却するのか、解体するのかという選択を迫られる時がやってきます。
長寿の時代とはいえ、先のことは誰にもわかりません。
ご自分の今現在の年齢と健康状態、経済状況や家族関係を考慮に入れたうえでの外壁塗装計画を立てる必要があります。

 

必ず複数の業者に見積り依頼する

ネットでも外壁塗装のかんたん見積りなどがあり、登録と同時に積極的に電話をかけてくる業者も多くいます。
また、格安業者や100万円以上の見積りを出す塗装業者に要注意!

などのコピーを見かけることも少なくありません。
手抜き工事の格安見積りもあれば塗装面積によっては100万円以上かかる場合もあります。
このようなキャッチコピーは、実際に複数業者に見積り依頼し比較検討するまではウソとも本当とも判断できません。
惑わされずに、ご自分の意志をしっかりと業者に伝えることが大切です。

 

適切な診断と報告のできる業者を選ぶ

外壁塗装は塗料を塗るだけにとどまらず、さまざまな修復作業を兼ねる場合があります。
塗装工程がすべて終わってから、見積書になかった修復作業の経費を請求する業者もいます。
格安で契約したはずなのに積もり積もって予算を大幅にオーバーしていたというお話を聞く機会も少なくありません。
まず、見積り調査の丁寧さが業者選択のひとつの基準となります。
小さな破損や予兆を見逃さず、対処方法について報告と検討を怠らない業者を選びましょう。

 

見積書の項目内容に注意する

見積書は詳細にいたるまで記載してもらう必要があります。
塗装工事一式などという簡潔な見積りだけでは、実際の費用を想像することはできないからです。
下地処理(ケレン、高圧洗浄)、下塗り、二度塗りする塗料の種類、塗装面積などすべてが明らかにされていない限り、提示された金額を見て作業内容を想像することができません。
雨樋や配管などの処理をどうするか?

コーキングや細部への塗装も含めた詳細な見積りが必要です。

 

色見本は大きめのもので確認する

塗料の種類は耐用年数とライフプランとの兼ね合いで必然的に決まっていきます。
けれども、色に関しては選択肢が多く迷うことしきりです。
周囲との調和は重要な要素になります。
地域によっては住環境に対する取り決めがあるので注意が必要です。
無難なのは原状復帰の同色なのですが、「じゃあ、この色ですね」と提示されても小さな色見本であったり、室内照明の下で見たりした場合と実際の外壁のイメージとは大きくかけ離れて見えます。
できるだけ大きな色見本を提示してもらい、外光の下で周囲の建物を見回しながら確かめる必要があります。

 

万一の場合の保障を確かめておく

いざ塗装工事が始まったら、足場の組み立てから部材の搬入など忙しなく煩雑な状況が続きます。
建物本体に傷が付いたり、塗料が周囲に飛散したりして大きなトラブルを生むこともあります。
そのような場合の保険加入は当然のことで、アフターサービスに関しても口約束でない確認が必要です。
後々後悔しないために、どこまでを何時まで保証するのか?

保証書として受け取っておかなければなりません。