東京でおすすめの外壁塗装業者を口コミなどから比較、ランキング形式で紹介

外壁塗装の人気色の白・ベージュ!その特徴と選び方を紹介!

公開日:2023/11/15  


人気を集めている白やベージュの外壁ですが、早速取り入れる前に色々と考えておくことがあります。そのなかでも、最も汚れが目立つことを知っておきましょう。汚れが目立たないように工夫することが可能です。また、自分でも定期的にメンテナンスすることで、汚れが目立ちにくくなります。今後の参考にしてください。

外壁塗装で人気の白とベージュ!選び方のポイントを解説

さまざまな色の組み合わせで、大きく印象が変化します。木目調やレンガ調などを上手に取り入れましょう。この際、過去の事例をスタッフから紹介してもらうと、イメージしやすいでしょう。

どのような色と組み合わせるのか考えよう

一言で白とベージュと表現しても、明るい色や落ち着いた色があるので、組み合わせ方によって色々な見え方があります。どのような印象を抱いてほしいのか具体的にイメージしてから色を選びましょう。スタイリッシュ、モダン、シンプルなどの事例をスタッフに見せてもらうとイメージできるでしょう。

パーフェクトトップ

スタイリッシュに見せたい人におすすめです。最も明るい白色になります。また、同じ名称で少しピンクの色が濃いものもあります。こちらの場合は、柔らかくて可愛らしい印象を与えられます。

アレスダイナミックTOP

黄色みが入ったクリーム色です。塗装すると外壁が明るくなります。

エスケープレミアムシリコン

グレー系のベージュが特徴です。やや落ち着いた印象を与えたい人におすすめです。

シンプルなベージュとダークブラウンの組み合わせ

一気におしゃれな外観に仕上がります。濃い色をアクセントとして上手に活用しましょう。

ベージュを基本としてナチュラルな印象に

レンガ調の外壁をアクセントに活用しましょう。メリハリが生まれるだけではなく、一気にナチュラルな印象になります。

白ベースに木目調の組み合わせ

ホワイトをアクセントカラーとして活用することで、シンプルでまとまりのある印象に仕上がります。

白とベージュの外壁は汚れやすい?目立つ?

ベージュや黄色のようなクリーム色を選択すると、汚れが目立たなくなります。明るい印象は抑えられますが、穏やかな印象を与えられます。

最も汚れが目立つ色

白色の外壁にあこがれを持っている人もいるでしょう。しかし、デメリットとして挙げられるのが、最も汚れが目立つ色であるということです。コケ、排気ガス、埃などの汚れが目立ってしまうので、交通量の多い道路沿いに建てている住宅や、日当たりがあまり良くない場所に建てている住宅は、特に注意が必要です。

外壁を汚れにくくするには?工夫や対策法を紹介!

定期的なメンテナンスは、特別な道具が必要ありません。自分でも取り組めるので半年から1年のスパンで取り組みましょう。

汚れが付きにくい外壁材を選択する

汚れが付いてしまうのは仕方ありません。できる限り目立たないように対策を講じましょう。汚れが付きにくい外壁材として、サイディング、タイル、塗り壁などがあります。

汚れが付きにくい塗料を選択する

シリコン塗料、フッ素塗料、無機塗料のなかから選択しましょう。長い間綺麗な状態を保てるので安心です。また、表面がツルツルした状態であれば汚れにくいことが分かっています。そのため、艶がある塗料を選択しましょう。

定期的なメンテナンス

外壁の汚れを定期的に洗い流すことで長持ちするようになっています。汚れが付いたばかりの頃に、ホースやブラシで汚れを落としましょう。いつまでも放置していると、汚れが落ちにくくなります。

まとめ

白やベージュの外壁は人気を集めているので、上手に組み合わせて自分らしい住宅を建てましょう。ただし、住宅を長持ちさせるためにも、定期的なメンテナンスを欠かさないようにしましょう。白やベージュはおしゃれな印象を与えられますが、綺麗な状態を保つ努力を怠ってはいけません。過去の事例もスタッフに紹介してもらいながら、自分が気に入った色を選択してください。