東京でおすすめの外壁塗装業者を口コミなどから比較、ランキング形式で紹介

外壁塗装で使う塗料の種類とは?

外壁塗装については、対象になる建物で活用されている壁材によって、数多くの種類があります。

それに加えて、方法に関しても異なることになります。

一般的に考えて塗装の塗り直しに関しては10年程度が目安と言いますが、その家屋がどういった周辺環境に建っているか、建てた時の壁剤のクオリティはどうだったか等でかなりのばらつきが出ます。

塗料につきましては、アクリルそれから、ウレタンやシリコン、フッ素などのタイプがあり、その上個々に水性及び油性のものがあります。

 

主要な塗料の種類および特徴について

塗装の工事はコストのかかる取引です。

可能であるなら状況が許す限り安く済ませたいと考えるのは、ふつうの暮らしをしている方であれば当然といえるでしょう。

そして外壁塗装のコストにとても大きく影響を及ぼすのが用いている塗料のタイプです。

まずアクリルがあげられますが、耐久年数は4~6年といわれています。

工事費総額をできる範囲で低く抑えたいという方に適しています。

費用的には割安ですが、耐久年数はその他と比較すると短めです。

強い陽射しにあまり強くないので、モルタルやサイディングの外壁には効果的ですが、屋根は向いていません。

また、ウレタンの耐久年数は7~10年になります。

アクリル系と照らし合わせると紫外線に対して非常に強く、水に関してもしっかりと弾きます。

留意すべき点は少し汚れやすい点があげられます。

さらにシリコンの耐久年数は10~13年でウレタン系と比べてなお一層耐久性に富んでおり、汚れがつきづらい優位性があります。

費用対効果に優れていて、この先外壁のリフォームを考慮している方に最適です。

 

水性塗料と油性塗料の利点と留意点

塗料のタイプで知っておきたいのが水性と油性があるということです。

水性塗料のメリットとして販売価格が安いことが挙げられます。

それに加えて臭いに対して影響を受けやすい人がいる所での工事においては、油性塗料よりも水性のほうがふさわしいです。

留意すべき点は持久性に劣ることが挙げられます。

水性のアクリル系統の塗料のケースでは、耐用年数はおおむね4年と言われており、塗り替えする頻度が高くなりますので注意が必要です。

一方、油性塗料のメリットとして、耐久性があることが挙げられます。

光沢もあって、長持ちします。

その一方留意すべき点としては水性塗料と比較して工事の時の臭いがあること、さらに販売価格が高いということがあります。

 

専門業者と相談の上選択することが大切です

それぞれの塗料メーカーから類似している塗料が発売されていますので、いずれのメーカーのどういった塗料が良いのか判別できなくなってしまう可能性があります。

通常の場合、現場を目にした専門業者が仕様をセレクトしますが、まず第一に頭に入れておきたいのは、塗料に関してはひとつひとつ個性があることから、全てに亘ってパーフェクトな塗料というのはないということです。

何処かにこだわれば、何かしらを妥協しないといけないことも少なくありません。

トラブルを起こさないためには対象の家の事情に合わせて、ピッタリ合う塗料を採用することが求められます。

しかしながら、実際のところは誰が塗料を選択するのかといいますと、家屋の実態を見にくる業者です。

一般人が、最良な塗料を理解できることは難しいので、家屋の実態を見にくる業者を信用し委ねることが求められます。

 

塗料に関しては刻々と新しいタイプや商品が開発されてきており、過去にスタンダード塗料が新しいタイプの塗料の浸透によって活用されなくなったことも少なくありません。

環境とともに人気を博している商品も推移しています。

現在において外壁のリフォームに取り組むのであれば、費用対効果に優れ持久性も高いシリコン塗料やなどが奨励でき、現実にたくさんの現場で採用されています。

しかしながら、塗料はどういった家で使用しても必ず長持ちするタイプは存在せず、家の塗装にピッタリ合う塗料を選択する効果的な方法は、信頼できる業者に調査をしてもらって、調査結果にもとづいて実行してもらう事といえます。