東京でおすすめの外壁塗装業者を口コミなどから比較、ランキング形式で紹介

外壁塗装の塗料に求められる機能とは?

東京で外壁塗装する場合、その塗料の機能を知っておくとよいでしょう。塗料によってもそれぞれの機能があり、その内容を知ることでどの塗料を使ったらいいのかわかります。

そこで外壁塗装に用いられているいくつかの機能を見ていきましょう。

 

環境対応している塗料とはどのようなものか

外壁塗装する場合の塗料は、種類によってその機能が変わってくることも少なくありません。同じ日本でも、その地域によって随分と環境は異なるでしょう。

例えば、北海道と沖縄を比べた場合1年間の湿度や気温の変化の仕方などは大きく異なります。全く同じ塗料を使った場合、どちらかが早く劣化しどちらかが長持ちすることも考えられます。このように考えれば、環境を重視した塗料の選び方は、非常に大事なことが理解できます。

そして光触媒塗料と呼ばれるものがあります。この塗料の特徴は、非常に長持ちをするのが特徴です。なぜ長持ちをするかといえば、環境に適応した機能を持っているからです。高温多湿のところで利用する場合には光触媒機能が大きく役立つ可能性が高いです。

この塗料を利用する場合、雨が降ったときにこれを洗い出す働きがあり、そのまま汚れを流してくれるのがポイントになります。これにより、雨が降るたびに外壁がきれいになり、汚れ知らずの外壁になるのは間違いありません。外壁が汚れることで劣化することがあるため、汚れを落とす光触媒の働きはとても重要なことが理解できます。

それ以外にも、直射日光が強く当たる場所も有効です。直射日光が当たることにより、光触媒の働きがより強くなることで外壁を守ってくれる働きがより強くなるでしょう。

 

物理的な面に注目をしてみるとわかること

物理的な機能を持っている塗料も少なくありませんが、その中で最近注目されているのは結露防止の塗料になります。結露防止とは、室内の結露を防ぐとともに室内の湿度を調整することができるものです。

室内環境の問題は、室内の壁紙にあると思われるかもしれませんが、実は外壁の塗料の種類によってその影響が大きく変わってきます。結露防止することにより、カビやダニを防ぐ役割も果たしており、アレルギー体質の子供がいる場合やぜんそくなどを持っている人がいる場合でも、安心して住むことができるのが特徴でしょう。

結露対策は、シリコン系塗料や光触媒塗料を利用することによって、実現することが可能です。

 

劣化を防止させる機能が欲しい場合

外壁は、時間の経過とともに劣化してくることがほとんどです。一般的な外壁塗装する場合10年以上経過すると少しずつ外壁が劣化してくることがわかります。ひと目で理解する方法としては、外壁を指でなぞってみることでしょう。

外壁をなぞった場合、チョークの粉のような白い粉末がついたとしたらこれは防水性が劣化している可能性が高いことになります。雨が降るときに、防水性の機能が不十分になっているとすればあっという間に劣化してしまいます。

外壁が劣化するだけでなく、壁の内側に湿度がたまりカビなどが生えてくることがあるでしょう。6月ぐらいになると、シロアリが発生する可能性も否定できません。このように考えるならば、外壁の劣化を少しでも避けなければならないことが理解できます。

そこで、外壁の劣化を避けるための機能としてラジカル塗料があります。この塗料を塗ることで、光が当たった場合や気温の変化により外壁が劣化しにくくなるのが特徴です。比較的安い金額で塗装することができ、今一番人気といっても間違いのない塗料です。

 

外壁塗装する場合、塗料の種類によって機動性が随分と異なります。

光触媒塗料は、その環境に応じてより適切な働きかけをしてくれます。雨が降ったときには、汚れ落とす役割があるだけでなく、光が当たることによって外壁の劣化を守ってくれる可能性もあるでしょう。

結露対策にも、外壁の塗料の種類は関係あります。シリコン系塗料や光触媒塗料ならば、湿気対策にもなります。

ラジカル系塗料と呼ばれるものは、外壁の劣化を防ぐ成分が含まれており長期的に劣化を遠ざけてくれるものです。

 

 

記事一覧