東京でおすすめの外壁塗装業者を口コミなどから比較、ランキング形式で紹介

外壁塗装の色選びでよくある失敗とは?失敗例と正しい選び方を解説

公開日:2024/01/15  最終更新日:2023/08/16

家

憧れのマイホームの印象を良くするために行う外壁塗装ですが、失敗してしまうケースがあります。そこで今回の記事では、外壁塗装の失敗例対策方法について紹介します。外壁の色や素材は、完成後に自分が抱いていたイメージと異なっているときがよくあります。そのような失敗をしないように、対策を講じておきましょう。

外壁塗装の色選びで失敗してしまう理由

外壁塗装に失敗しがちな理由として、次のような理由があります。

現物での仕上がりを確認できないから

サンプルと実際の仕上がりでは色が異なる場合があります。

加えて、完成するまで確認できないので不安要素になるでしょう。また、手軽に再塗装ができないので、外壁選びは難しいといわれています。

経年変化を予測しにくいから

外壁の塗装が終了したときは綺麗ですが、月日が流れると劣化が見られるようになります。

ただし、色によって劣化したときの状態が異なるので、最初から経年変化を予測するのは難しくなっています。

外壁塗装の色選びでありがちな失敗パターン

さまざまな失敗パターンが存在します。

自分だけで失敗を防ごうと考えるのではなく、業者のアドバイスも参考にするとよいでしょう。

仕上がりのイメージが違う

自分が選んだ色がイメージ通りでは無かったので、後悔する人がいます。

実際の仕上がりを予測できないので、失敗する大きな原因となっています。

サイディングをベタ塗りすると見た目が悪くなった

2色使いのサイディングを塗装するときは、単色で塗るとチープな印象を与えてしまいます。

また、塗装する色の選択を間違えると、チープな印象になります。

西日の色焼けが目立つ

西日が当たる箇所は、外壁の劣化が進行しやすくなります。

そのため、耐用年数が経過する前に、チョーキングなどが現れる可能性があります。

汚れが目立つ

苔、カビ、排気ガスなどの汚れが外壁に付着すると、住宅の印象が悪くなってしまいます。

また、建物の劣化が進行してしまうので、注意が必要です。

派手な色を塗装すると近隣住民とトラブルになる

表だったトラブルにはならなくても、自分がいないところでを流される可能性があります。

特に、都心部の住宅は、隣の住宅と距離が近いので、トラブルが発生しやすくなっています。

外壁塗装の色選びでのポイントと失敗回避法

できる限り失敗を避ける方法が存在するので、それらを忠実に実行しましょう。

失敗するリスクを低下できると、後悔することも少なくなります。慣れていない人は、無難な色や素材を選択することをおすすめします。

大きなカラーサンプルで確認する

A4サイズのカラーサンプルで確認しましょう。

カタログは大きさが小さいので、色の詳細を確認するときにはおすすめできません。

クリア塗装を選択する

サイディングをベタ塗りするのではなく、クリア塗装をおすすめします。

新築時のイメージを残せるようになっています。

日当たりがよい場所はダークカラーを避ける

ダークカラーは、色焼けが目立ってしまうので避けましょう。

代わりに、ベージュやホワイトなどがおすすめです。

汚れの種類に合わせて色を選択する

汚れがまったく目立たない色は存在しませんが、汚れにくい色を選択するとよいでしょう。

たとえば、砂埃による汚れが懸念される場合は、ベージュやブラウンなどがおすすめです。

街並みとの調和を考慮する

いくら個性的なものを具体化したとはいえ、近隣の方々への刺激となるような色合いは控えましょう。

マイホームを建てるときは、自分の理想を追求するだけではなく、街並みとの調和も考慮しましょう。数十年先まで同じエリアで生活を送る住民とは、良好な関係を構築するほうが望ましいでしょう。

まとめ

自分で、外壁の色や素材を決定するのが難しいと感じている人は、業者のアドバイスを参考にしましょう。業者は、これまでたくさんの失敗を目にしているので、建設的なアドバイスを提供してくれます。自分がどのようなことで悩んでいるのか伝えるとよいでしょう。ただし、予算の上限を超えないように打ち合わせを重ねるようにしてください。

 

記事一覧