東京でおすすめの外壁塗装業者を口コミなどから比較、ランキング形式で紹介

最近人気!?金属系サイディングボードはどんな外壁材なのかご紹介!

公開日:2022/07/15   最終更新日:2022/07/20


耐震強度は高い方がいい、メンテナンスの回数を減らしたい、という外壁材への要望をお持ちではありませんか。金属系サイディングボードを採用すれば、イメージ通りの外壁が叶います。ただし金属系サイディングボードはデメリットもある外壁材です。業界だけでなく顧客人気も高まっている、金属系サイディングボードについてご紹介します。

金属系サイディングボードとは

金属で作られた外壁材を総称して、サイディングボードといいます。

■窯業系サイディングボードの次に人気

サイディングボードの人気1位は窯業系です。窯業系よりはデザインの数が少なくなりますが、木目調などめずらしい柄も増えてきています。金属の涼しげな印象を持つ、おしゃれなサイディングボードが好みの方に人気です。

■鉄を金属で包んだ構造

金属系サイディングボードは、単に金属だけで作られているわけではありません。多くはガルバリウム鋼板という種類で、鉄を金属の膜で覆った構造になっています。

金属系サイディングボードのメリット

金属系サイディングボードは、今後窯業系サイディングボードより人気が高まるかもしれません。とても多くのメリットを持つ外壁材です。

■軽くて地震に強い

窯業系サイディングボードよりも軽いという特徴があります。外壁材の重さは建物自体の重さにつながり、建物が重いと地震の揺れなどを受けて壊れやすくなってしまうのです。地震の多い日本において、非常に安全性の高い外壁材といえます。また外壁材のリフォームを行う際にカバー工法という外壁材を重ねるリフォームを行ったとしても、もとが軽いため重さが増えすぎず安心です。

■構造によっては断熱性が高い

多くの金属系サイディングボードは、間に断熱材を挟んでいます。断熱材があることで、ほかの外壁材よりも建物内を涼しくしてくれる効果が期待できるでしょう。気温が高い地域で建築する場合や、建物内の物品を管理する上で室温をあまり上げたくないという場合に選ぶのがおすすめです。また断熱材があることで、防音効果も発揮してくれるというメリットもあります。マイホームを建てる際に、楽器部屋を作りたいという方は金属系サイディングボードが適しているでしょう。

■水に強い構造

金属系サイディングボードの断面を見てみると、通気層を間に挟んだ構造になっています。通気層があることで、雨でぬれても湿気を溜めずに外へ排出してくれるのです。どんな外壁材も時間が経つとカビが生えて劣化してしまいますが、通気層がある構造の金属系サイディングボードならほかのサイディングボードより長持ちします。

高級感を感じるデザイン

金属を使用しているため、つややかな質感を表現できます。たくさんの種類から選ぶことはできませんが、シンプルで高級感あふれる外壁にしたい方におすすめです。また最近ではレンガ風のデザインなど、金属系サイディングボードとは思えないようなデザインも登場しています。

■頻繁なメンテナンスが必要ない

金属なのでひび割れなどの損傷が起こりにくいです。よって頻繁なメンテナンスは不要で、維持費用が安く済みます。

金属系サイディングボードのデメリット

多くのメリットがある金属系サイディングボードですが、いくつかデメリットもあります。

■初期費用が高い

窯業系サイディングボードよりも初期費用が高くなります。ただメンテナンス費用が抑えられるため、トータルでみるとコストパフォーマンスがいい外壁材であることは間違いないでしょう。

■金属なのでさびがつく

金属系サイディングボードの中にもいくつか種類があります。どの金属をメインに配合したサイディングボードなのかという違いですが、どんな種類でも金属を使用しているためさびてしまいます。さびをなるべく防ぎたい方は、金属系サイディングボードの中でも一番さびにくいアルミニウム合金を選ぶとよいでしょう。

 

サイディングボードの中で窯業系の次に人気がある金属系サイディングボードは、軽さがあって耐震性に優れているという特徴があります。また断熱性や防音性の高さ、通気性のよさなどさまざまなメリットのある外壁材です。費用やさびなどデメリットもありますが、メンテナンスの頻度はほかのサイディングボードよりも少なくて済みます。