東京でおすすめの外壁塗装業者を口コミなどから比較、ランキング形式で紹介

外壁塗装の悪質業者のリストはどこで確認できる?

公開日:2023/04/15  


記事を読んでいただいている皆さんの中には、外壁塗装を行いたいが、悪質業者を選んでしまわないかなど不安に感じ、業者選びに苦戦されている方も多いと思います。悪質な業者がリスト化されていたら便利ですが、リストはどこから確認すればいいのか分からない方のために、今回は悪質業者について解説します。

そもそも悪質業者の特徴とは

ここでは、悪質業者の特徴は、一体どんな特徴があるのかに関して見て行きたいと思います。特徴に関しては、以下の3つであることが考えられます。1つ目にアポなし訪問をする業者、2つ目に値引き額があまりにも大きすぎる業者、3つ目に施工費用の全額を前払いで請求してくることです。

下記では、これらの特徴に関してさらに詳しく見て行きたいと思います。

アポなし訪問をする

訪問販売などによくありがちですが、アポなしで突然訪問し、なおかつ今すぐに対応しないと、悪影響を及ぼすなどと言った様に、不安感を煽ってくる業者が一定います。そこで営業マンの話を聞き入ってしまうと、どんどん契約させようとせまってくるため、不審な点や信用できないと感じた段階で断るようにするのがベターといえます。

値引き額があまりにも大きすぎる

お客さんとしては、少しでも施工費用を抑えたいと思うのは当然のことです。しかしそういった心に付け込んでくる悪徳業者も一定います。数十万単位での値引きが可能と言った誘い文句にみすみす乗ってしまっては危険です。

まずは自分が希望している工事の価格相場を確認し、その価格に今回の値引きは妥当なのか、それとも値引きすぎなのかを正確に判断することが大切です。

施工費用の全額を前払いで請求してくる

施工費用ですが、一般的に費用の支払は前払いではなく、後払いです。費用を前払いすると費用を持ち逃げされる危険などもあるため、費用に関しては後払いとなっています。しかし悪徳業者は、費用の支払いを先に要求してくる場合も多いため、注意が必要です。

外壁塗装の悪質業者リストはどこで確認できる?

ここまで、悪徳業者に該当する可能性がある業者の特徴に関して見てきました。しかし悪徳業者が一覧にまとまっているリストなどがあれば、より悪徳業者から身を守ることができます。実は悪徳業者を確認できるリストがあります。外壁塗装にフォーカスした悪徳業者を確認するには、特定商取引法ガイドで確認するのがよいです。

このサイトは、消費者庁が運営している信頼性が非常に高いサイトとなっており、サイトに掲載されているのは、特定商取引法に違反し、処分されてしまった業者です。そのため、このサイトを事前に確認しておくことによって、悪質な業者から身を守ることができます。

外壁塗装の悪質業者に騙されないためにできること

最後にここでは、外壁塗装における悪質な業者に騙されないようにするためにはどうすればいいのかに関して見て行きたいと思います。皆さんができる自衛としては以下の内容が挙げられます。

訪問販売してきた業者とは契約しない、見積もりや契約内容を細かく確認できる雰囲気であるか否か、複数の業者で比較してみると言った点です。訪問販売をしてくる業者はしつこかったり契約を結ぶことを急がせたりする傾向があるため、要注意です。さらに業者によってはあえて素人に分かりづらい言葉を使用し、契約内容な見積もりの内容に関して質問しづらい雰囲気を作ったりもします。

さらに、1社の業者のみではなく複数の業者で比較してみることでおかしい点などの発見にもつながるため、必ず複数の業者を検討することが有効な手段といえますね。

まとめ

今回こちらの記事では、外壁塗装の悪質業者のリストはどこで確認できるのかに関して見てきました。皆さんの中でも悪質業者の特徴に類似した業者と出会ったことがある方も多いのではないでしょうか。そんな時は、今回紹介した、訪問販売してきた業者とは契約しない、見積もりや契約内容を細かく確認できる雰囲気であるか否か、複数の業者で比較してみると言った自衛に努めてみてください。