東京でおすすめの外壁塗装業者を口コミなどから比較、ランキング形式で紹介

外壁塗装が劣化してしまう原因は?劣化を予防する方法はある?

公開日:2020/01/01  最終更新日:2019/12/24

住宅を守る重要な役割を果たしている外壁塗装はだんだんと劣化していってしまうので定期的に塗り直しをしなければなりません。しかし、その劣化原因は何なのかと気になる人もいるでしょう。典型的な原因と、劣化を予防するための方法について紹介します。

経年劣化の原因を具体的に知っておこう

外壁塗装の劣化は経年によって進行することが知られています。ただ、塗料が時間の経過によって自然に劣化しているわけではなく、外的要因によって傷んでいるということは知っておいた方が良いでしょう。

劣化原因として最も大きいのは紫外線です。太陽光に含まれている紫外線に常にさらされている影響で塗料の変質が進行してしまうことで家屋を守れなくなってきてしまいます。色が褪せてきてしまうのも紫外線が主な原因です。

また、太陽光によって劣化が進行する原因は紫外線だけではありません。太陽光に含まれている熱エネルギーも劣化を進めてしまう原因となっています。高熱にさらされることによって変質してしまいやすいことに加え、日中と夜間の温度差が大きいのも問題になりがちです。

一方、風雨にさらされるのも外壁塗装が劣化する原因として知られています。水を弾くように塗料が作られているものの、水に濡れた状態がずっと続くと少しずつ塗料の状態は悪くなってしまいます。

また、風に当たるだけなら特に問題はないものの、風によって運ばれてくる微細な塵や埃、さらには木の枝や小石などが物理的に傷をつけてしまうことも少なくありません。傷ができると水分が内側にしみ込んでしまって劣化が進行しやすくなるでしょう。このような自然環境の影響によって経年劣化が進んでしまうのです。

人的要因によって劣化してしまうこともある

自然だけでなく人が原因で劣化が進むこともあります。庭で遊んでいるときに壁に傷をつけてしまうというのが典型例で、それ自体は致命傷でなくとも風雨の影響で劣化が進行しやすくなってしまうことは否めません。

壁の近くで焚き火をして焦がしてしまい、塗料が部分的に剥げてしまうのも問題になります。このような物理的な刺激によって外壁塗装が劣化してしまうことは念頭に置いておき、大切に扱うことが肝心です。

予防の方法について簡単に確認しよう

人が原因で進んでしまう劣化は大切に扱うように日頃から心がけるだけで予防できます。重要なのは自然の力による経年劣化を防ぐ方法で、基本的には二通りのアプローチを取ることが可能です。

一つ目のアプローチは外壁塗装をする時点で環境に合った塗装方法を選択することです。直射日光がよく当たる外壁には遮熱性のあるコーティングをして塗料の劣化を防ぐのが効果的でしょう。風雨の影響を受けやすい外壁には物理的なシールドになるコーティングを施すのが良い方法です。コーティングだけでなく塗料そのものに工夫を凝らしてあるものもあるので検討してみましょう。

二つ目のアプローチは定期的なメンテナンスをおこなう方法です。外壁を汚れたままにしておくと物理的な傷も付きやすくなり、カビを残しておくと菌が塗料を劣化させてしまうリスクも高まります。塗料の種類や外壁の素材によって適切なメンテナンス方法には違いがありますが、基本的には水洗いをして汚れを定期的に取り除くのが効果的です。

 

外壁塗装は経年劣化を起こしてしまう原因は主に太陽光や風雨などの自然の力です。太陽光による紫外線と熱エネルギー、風によってもたらされる物理的な傷、雨による水濡れや湿気が劣化を進める原因として知られています。傷については人が付けてしまうこともありますが、注意を払うようにすれば劣化を防止することは可能でしょう。

自然の力による損耗の予防には外壁塗装時にコーティングをしたり適切な塗料を選んだりするのが効果的です。また、定期的な清掃などのメンテナンスをすることで寿命を延ばせます。




記事一覧